Ver 8.1
  
 
 
  ( メキシコ共和国 )
  
  
    
[画像] メキシコ 世界文化遺産 メキシコシティ ”テンプロ・マヨール” を訪れる
  

メキシコシティ テンプロ・マヨールにて  
  
  
  
 
 
  

  < メキシコシティ >  メトロポリタン大聖堂  テンプロ・マヨール  歴史地区(旧市街)  メキシコ大学  
< Next 歴史地区(旧市街) >




 
世界文化遺産登録 ”メキシコシティ歴史地区とソチミルコ”

( 世界遺産  1987年  月登録 )

 
 「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ」は、人口2000万を数えるアメリカ大陸最大の都市メキシコシティーにある行政区の一つであるソチミルコと、メキシコシティーの地下に眠る古代文明の遺跡から構成される世界遺産です。

 南アメリカにはかつてアステカ帝国が栄えていましたが、16世紀にこの地を征服したスペイン人によりその文化、建築物は全て破壊されてしまいました。ところが、1978年になって中南米最大の大聖堂の地下から偶然アステカ帝国時代に作られた石積みが見つかり、メキシコシティーはアステカ帝国の遺構の上に建設された都市であることが分かったのです。

 その後の発掘ではアステカ文明の大神殿が姿を現し、失われたアステカ帝国の文化が地上に復活することとなりました。謎多きアステカ帝国の首都テノチティトランはテスココ湖内の島の上に建設されたのですが、メキシコシティーの南に位置するソチミルコはその湖の一部であり、今も残るアステカ時代の農業の名残が、アステカ帝国繁栄の当時を偲ばせます。

<構成遺跡>
   〇メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂
   ●テンプロ・マヨール
    国立宮殿
    べリヤス・アルテス宮殿(国立芸術院)
    ソチミルコ

<メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂>
 メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂は、アメリカ大陸の中で最大のキリスト教建造物。メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂は、16世紀アステカ帝国を滅亡に追い込んだスペインのエルナン・コルテスの命によって建てられた巨大建造物です。

<テンプロ・マヨール>
 テンプロ・マヨールは、かつてこの地にあったアステカ帝国の首都テノチティトランの大神殿跡です。1978年、メキシコシティ中心部にあるカテドラル(大聖堂)北東部で行われていた電気工事中に、直径3.25mの一枚岩の円盤が発見されました。円盤の発見は、かつて、ここにアステカ帝国の大神殿テンプロ・マヨールがあったことを示す世紀の大発見でした。

<国立宮殿>
 国立宮殿は、アステカ帝国を征服したスペインのエルナン・コルテスが自身の宮殿として建設したものです。国立宮殿の最大の見どころは、宮殿の正面階段周辺を覆い尽くす壁画です。「メキシコの歴史」と題された壁画は、現代メキシコ芸術の巨匠ディエゴ・リベラの最高傑作と称されています。

<ベジャス・アルテス宮殿(国立芸術院)>
 ベジャス・アルテス宮殿(国立芸術院)は、メトロポリタン大聖堂と並び壮麗な建造物の筆頭に挙げられるほど美しい建造物です。建物外観は、アールヌーボー様式、内装は、アール・デコ様式に統一されており、幾何学的なデザインが目を引きます。建物内部には、メキシコ芸術界の巨匠と呼ばれるリベラ、オロスコ、シケイロスなどの壁画が数多く残されています。

<ソチミルコ>
 ソチミルコとは、アステカの言葉であるナワトル語で「花畑のあるところ」を意味し、かつてメキシコシティが水上都市だった時代の名残が残る場所です。ソチミルコは、アステカ時代の風景が残る「アステカの生きた遺跡」と呼ばれ、当時を偲ばせる場所として世界遺産に登録されました。


       (世界遺産オンラインガイド HPより)


                                  〇印は、一部の写真を掲載をしています
 
     
 
 





 1.メキシコ 世界文化遺産 ”テンプロ・マヨール” を訪れる
 
     
 テンプロ・マヨール
(てんぷろ・まよーる)
 世界文化遺産
 「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ」1987年登録
 メキシコ メキシコシティ
 (撮影 2018.11.29)
 テンプロ・マヨールとは、アステカの中心都市テノチティトラン(今のメキシコシティ)の中心にあった巨大な神殿です。テノチティトランはスペイン人によって16世紀に破壊され、その上にメキシコシティの町が建てられました。1978年以降に大規模な発掘が行われ、その構造や建築過程が明らかになってきました。大量の遺物が発見され、アステカ文明に関する知識が大幅に進歩しました。今ではテンプロ・マヨールはアステカの偉大さを象徴する建造物になっています。
世界遺産「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ」の一部をなしています。
     (ウィキペディアより)


(Size : 9,787KB) メキシコシティ テンプロ・マヨールを望む メキシコシティテンプロ・マヨールにて




 2. メキシコシティ ”テンプロ・マヨール” にて
【 テンプロ・マヨールについて 】

 テンプロ・マヨールとはスペイン語で「主神殿」「大神殿」を意味する語です。ナワトル語ではウェイテオカリ、すなわち「大きな神の家」と呼びます。
 テノチティトランの中心部には壁で囲まれた25ヘクタールほどの聖域がありました。この聖域には78ほどの建物があり、テンプロ・マヨールはその中心的な建物でした。

 テンプロ・マヨールの階段ピラミッドは西を向いて建てられており、その上に軍神でメシカの守護神でもあるウィツィロポチトリ(南)と、アステカ以前から信仰されている雨と豊穣の神トラロック(北)のそれぞれを祀る2つの神殿が並んでいます。正面の階段も2つありました。

 アメリカ合衆国の人類学者アンソニー・アヴェーニ(英語版)によると、テンプロ・マヨールは真西から7度南を向いて建てられており、春分に2つの神殿の間から太陽が昇るように設計されているとのことです。  
                           
(ウィキペディアより)


 


メキシコシティテンプロ・マヨールから中央広場ソカロを望む


テンプロ・マヨールにて テンプロ・マヨールにて


テンプロ・マヨールにて テンプロ・マヨールにて



google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)




メキシコシティ テンプロ・マヨールにて




メキシコシティ テンプロ・マヨールにて




メキシコシティ テンプロ・マヨールを望む
【 後  記 】  

 テンプロ・マヨール(大神殿)は、大都市であるメキシコシティの中心地の地下に埋もれていました。1978年の大発見までアステカの中心地の存在がわからなかったことに驚かされました。神殿は25haもの広さがあり、その中心の大神殿が有ったこの地にスペイン人が都市計画策定し建設しました。この時代(16世紀)にアステカ文明・遺跡の上に大聖堂を造るとか、そういった出来事の文献的なものが何も残っていなかったのかと、改めて思いました。

 テンプロ・マヨールは破壊され地中に埋もれていましたが、遺跡に横たわるククルカン(?)がものすごく可愛く見えました。

 現地の神殿の遺跡前にあるミニチュアの神殿や街並み、そして目の前に広がるスペイン風の宮殿や大聖堂を眺め、スペインがこなければ、ここはどういう街並みになっていたのだろうかと思わず考えてしましました。遺跡の上に作られた世界遺産、これも歴史なのかなと思いつつ観光を続けました。

                           
(2019.3.25)




 @お気に入り写真  (テンプロ・マヨールにて)




テンプロ・マヨールにて





テンプロ・マヨールにて



テンプロ・マヨールにて



テンプロ・マヨールにて




 Aお気に入り写真  (テンプロ・マヨールにて)



テンプロ・マヨールにて。(この蛇の様な可愛い像はククルカン?なのでしょうか)



テンプロ・マヨールにて



テンプロ・マヨールにて



テンプロ・マヨールにて




テンプロ・マヨールにて






テンプロ・マヨールにて





テンプロ・マヨールにて




 Bお気に入り写真 (テンプロ・マヨールにて)




テンプロ・マヨールの前にあるミニチュアです。後方左は、国立宮殿です





テンプロ・マヨールにて




テンプロ・マヨール前にありますミニチュアです






テンプロ・マヨールにて





テンプロ・マヨールにて



テンプロ・マヨールにて
テンプロ・マヨールにて テンプロ・マヨールにて メトロポリタン大聖堂にて メトロポリタン大聖堂、聖堂内を望む
   
   




 Cお気に入り写真 (エル・サグラリオ教会にて)



メエル・サグラリオ教会を望む。
エル・サグラリオ教会はメキシコ・バロック様式で18世紀半ばに建てられたとのことです





メキシコシティ エル・サグラリオ教会を望む。メトロポリタン大聖堂に隣接しています






エル・サグラリオ教会の入口です





エル・サグラリオ教会入口上部の彫刻です




エル・サグラリオ教会にて





エル・サグラリオ教会にて




エル・サグラリオ教会にて






エル・サグラリオ教会にて





エル・サグラリオ教会にて




エル・サグラリオ教会にて






エル・サグラリオ教会にて






エル・サグラリオ教会にて





エル・サグラリオ教会を望む




 Dお気に入り写真  (中央広場ソカロにて)



中央広場ソカロにて




中央広場ソカロにて、アステカの伝統の衣装です





中央広場ソカロにて、アステカの伝統の衣装です



中央広場ソカロにて、アステカの伝統の衣装での踊りです





メキシコシティ 中央広場ソカロにて、アステカの伝統の衣装での踊りです



< Next 歴史地区(旧市街) >
  < メキシコシティ >  メトロポリタン大聖堂  テンプロ・マヨール  歴史地区(旧市街)  メキシコ大学  


  
  
  
    Home  Back
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止