Ver 8.1
  
 
 
  ( メキシコ共和国 )
  
  
    
[画像] メキシコ 世界文化遺産 ”プエブラ(サントドミンゴ教会)” を訪れる
  

プエブラ サントドミンゴ教会を望む  
  
  
  
 
 
  

  < プエブラ >  プエブラ大聖堂  サントドミンゴ教会  パリアン市場  砂糖菓子の家  
< Next パリアン市場 >




 
世界文化遺産登録 ”プエブラ歴史地区”

( 世界遺産  1987年  月登録 )

 
プエブラ歴史地区はメキシコシティから東方120キロメートルに位置するプエブラ州の州都プエブラにある、16世紀頃に建造された植民地時代の建造物からなる世界遺産です。

 現在ではメキシコ第4の都市として栄えるプエブラですが、標高2100メートルの高地にあるこの地はスペイン人がやって来るまで未開の土地でした。スペイン人たちはメキシコシティや多くの植民都市にみられるような、先住民の都市を破壊したうえに都市を再構築するやり方ではなく、本国から農民などを移民させて、この地に故郷を偲ぶスペイン風の街並みを作り出したのです。

 また、スペイン人たちはこの地に陶器作りに適した良質の土があることを発見し、スペイン中部の陶器産地タラベラの技法を導入して、イスラム様式を受け継いだ数々の美しいタイルを作り出しました。

 全体に精緻な装飾を施し金箔で覆われた荘厳なカソリック様式のサントドミンゴ教会のロサリオ礼拝堂や、イスラム教のモスクを彷彿とされる、屋根全体を色鮮やかなタイルで覆った旧サンタ・ローサ修道院など、この地に残る様々な文化が美しく融合した宗教建造物は、今もなお見る人の胸を熱く震わせます。
  
       (世界遺産オンラインガイド HPより)


                               
 
     
 
 





 1.メキシコ 世界文化遺産 ”プエブラ(サントドミンゴ教会)” を訪れる
 
     
 サントドミンゴ教会
(さんとどみんごきょうかい)
 世界文化遺産
 「プエブラ歴史地区」1987年登録
 メキシコ プエブラ州
 プエブラ
 (撮影 2018.11.30)
 プエブラのサントドミンゴ教会は、メキシコ、フエブラ州にある教会です。
 ドミニコ会により、1571年に建設が始まり、17世紀半ばに完成しました。大天使ミカエルに捧げられた聖堂です。
 教会の正面は質素な灰色の石で造られていますが、内部はバロック様式で造られ、装飾は豪華絢爛となっています。
    


(Size : 9,416KB) サントドミンゴ教会、中央祭壇を望む プエブラ、サントドミンゴ教会を望む
 




 2. プエブラ ”サントドミンゴ教会” にて
【 プエブラについて 】

 プエブラは標高2100メートルの高地にある都市です。スペイン人がやって来るまで未開の土地でした。
 スペイン人たちはメキシコシティや多くの植民都市にみられるような、先住民の都市を破壊したうえに都市を再構築するやり方ではなく、本国から農民などを移民させて、この地に故郷を偲ぶスペイン風の街並みを造り出しました。 
                           
  
 


プエブラ サントドミンゴ教会、正面入口を望む


サントドミンゴ教会、出入口です サントドミンゴ教会にて


サントドミンゴ教会にて サントドミンゴ教会、正面入口を望む



google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
プエブラ、サントドミンゴ教会入口を望む


プエブラ、サントドミンゴ教会を望む
【 後  記 】  

 プエブラのサントドミンゴ教会は、入口の門のところは綺麗な色彩で造られていました。しかし教会正面は、灰色の石材で造られ、内部とはかけ離れた地味な造りとなっていました。教会内部は、正面の祭壇、聖人の並んでいる場所は黄金色に染まっていました。
 また、ロザリオ礼拝堂は、ガイドブックなどで紹介されている通り、黄金色の繊細な装飾で覆われていて、その美しさには驚かされました。

 ロザリオ礼拝堂を遠くから眺めた時イスラムの教会かと思い、ここではイスラムとキリストが並んでいるのかと思いました。
                           
(2019.4.14)




 @お気に入り写真  (サントドミンゴ教会 中央祭壇にて)




サントドミンゴ教会、中央祭壇を望む





サントドミンゴ教会、中央祭壇を望む。バロック式(柱など)の造りとなっています



サントドミンゴ教会にて




サントドミンゴ教会、中央祭壇を望む。祭壇には聖人が並んでいます





サントドミンゴ教会、中央祭壇にて




 Aお気に入り写真  (サントドミンゴ教会 ロザリオ礼拝堂にて)



サントドミンゴ教会、ロザリオ礼拝堂を望む。ロサリオ礼拝堂はマリア像を祭るため、17世紀後半に増築されています



サントドミンゴ教会にて



サントドミンゴ教会、ロザリオ礼拝堂を望む



サントドミンゴ教会、ロザリオ礼拝堂にて。ロサリオ礼拝堂はメキシコ・バロックの最高傑作とも言われています。
壁面、祭壇、柱、天井の装飾は金箔で覆われています。




サントドミンゴ教会、ロザリオ礼拝堂にて。幼子を抱いたマリア像のアップです





サントドミンゴ教会、ロザリオ礼拝堂にて。黄金色に染まる建物、装飾です。凄い!




 Bお気に入り写真 (サントドミンゴ教会 中央祭壇にて)



サントドミンゴ教会にて



サントドミンゴ教会、中央祭壇を望む




サントドミンゴ教会にて





サントドミンゴ教会にて
サントドミンゴ教会にて サントドミンゴ教会にて サントドミンゴ教会にて サントドミンゴ教会にて
   
   




 Cお気に入り写真 (サントドミンゴ教会にて)



サントドミンゴ教会にて




サントドミンゴ教会にて




サントドミンゴ教会にて





サントドミンゴ教会にて



サントドミンゴ教会にて



サントドミンゴ教会にて



サントドミンゴ教会にて



サントドミンゴ教会にて




 Dお気に入り写真  (サントドミンゴ教会にて)




サントドミンゴ教会、ロザリオ礼拝堂を望む





サントドミンゴ教会、ロザリオ礼拝堂を望む




サントドミンゴ教会にて





サントドミンゴ教会、鐘楼を望む



サントドミンゴ教会、鐘楼のアップです




サントドミンゴ教会前のにて





プエブラ、サントドミンゴ教会前にて



< Next パリアン市場 >
  < プエブラ >  プエブラ大聖堂  サントドミンゴ教会  パリアン市場  砂糖菓子の家  


  
  
  
    Home  Back
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止