Ver 10.1920
  
 
 

  ( 日  本 )
  
  
 
第1集  世界文化遺産 兵庫県姫路市 ”姫路城” を訪れる(1)
  


姫路城、桜門橋より天守を望む
  
  
  
 
 




   < 姫路城・原爆ドーム >  姫路城① ・ 姫路城② ・ 姫路城③(大天守) ・ 姫路城④(西の丸・他) ・ 姫路城⑤(ライトアップ) / 原爆ドーム ・ 平和記念公園 / 厳島神社1 ・ 厳島神社2 /  石見銀山(龍源寺間歩) / 石見銀山(大森町) / 


< Next 姫路城② >


世界文化遺産登録 ”姫路城” 

( 世界文化遺産  1993年12月登録 )



  姫路城は兵庫県姫路市にあり、世界遺産の他にも国宝や重要文化財に指定されています。日本百名城のひとつであり、別名「白鷺城」と称される、日本を代表するお城です。
 名前の由来としては、白漆喰で塗られた城壁や、白鷺が羽を広げたような形状に見える屋根などがそうであるとされていますが、諸説あります。

 姫路城は、1346年に赤松貞範によって建設されたという説が一般的です。以後、池田輝政、本多忠政、松平忠明、榊原忠次など何人もの城主がここを居城としました。
戦国時代後期から安土桃山時代にかけて、歴代城主によって城郭が拡張されました。江戸時代には姫路藩の藩庁が置かれ、外様大名の監視目的に西国探題が設置されます。
 1869年、明治政府による版籍奉還の結果、国有となりました。ここにおいて、岡松氏から約530年(13氏48代)続いてきた大名支配が終焉を迎えたのです。
 明治時代には陸軍の兵営となりますが、天守群や櫓などは国費で保存されました。昭和時代にも空襲をくぐり抜け、城としての姿を保ったまま現在に至ります。
 

            (世界遺産オンラインガイド HPより)


 1.世界文化遺産登録 ”姫路城” を訪れる
 姫路城(ひめじじょう)
 別名:白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう) 
 世界文化遺産
 (1993年12月、日本で初の世界文化遺産に指定)
 日本100名城
 兵庫県 姫路市
 (撮影 2010.03.13)
 (作成 2020.09.06)

 姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県姫路市にある日本の城です。江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されています。また、主郭部を含む中堀の内側は「姫路城跡」として国の特別史跡に指定され、日本100名城に選定されています。別名を白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)といいます。

 1993年12月、法隆寺とともに日本で初のユネスコ世界文化遺産に登録されています。
     (ウィキペディアより)


(Size : 19,324KB) 「菱の門」を望む 「姫路城」を望む
  




 2.JR姫路駅より”姫路城” を望む
 


JR姫路駅より、姫路城を望む
 
 


JR姫路駅を望む JR姫路駅前にて
< 姫路城について > 

 姫路城は、姫路市街の北側にある姫山および鷺山を中心に築かれた平山城です。日本における近世城郭の代表的な遺構です。江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つで、中堀以内のほとんどの城域が特別史跡となっています。現存建築物の内、大天守・小天守・渡櫓等8棟が国宝に、74棟の各種建造物(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)が重要文化財に、それぞれ指定されています。

 また「国宝五城」や「三名城」、「三大平山城・三大連立式平山城」の一つにも数えられています。
                      
(ウィキペディアより)



大手前通りより、姫路城を望む




JR姫路駅前にて JR姫路駅にて JR姫路駅前より姫路城を望む JR姫路駅を望む
       
google地図より google地図より(■カーソルセットで写真表示) google!地図より(■カーソルセットで写真表示)
   
  (後 記)  
       
   姫路城は、兵庫県出身の勤め先の同僚が、大天守の保存修理工事(2009年10月から始まった工事)で、2010年(平成22年)4月からは大天守の周りを屋根で覆い、中に入れなくなると話してくれました。今後5年ほど大天守が見られなくなるとのことでした。2010年3月に慌てて、3列シートの夜行バスを利用して出かけて来ました。

 JR姫路駅から真っすぐに伸びた道路の先にそびえ建つ姫路城の天守は、本当に美しいと思いました。三の丸では、右側に保存修理のクレーンが立ち保存修理の準備が着々と進められている感じがしました。
 また、三の丸から眺める大天守は高度感も有り、圧倒する高さと美しさが有りました。日本で最初の世界遺産登録されたことも納得させられました。          
(2020.09.12)

 
     



大手前通りより、姫路城のアップです。優雅で毅然としたお城です
 





 3.JR姫路駅から桜門橋にて




大手前通りと城南線の交差点から、姫路城を望む。左の橋が桜門橋です







大手前通りにあります、「姫路城大天守閣棟飾之鯱(貞亨四年在銘の旧鯱に倣ひ作之)」です



「姫路城大天守閣棟飾之鯱」です(増:姫路クリーンライオンズクラブとなっています)
   




大手前通りにて、「JR姫路駅」を望む







姫路城を望む
 、
 4.姫路城 ”桜門橋” にて
 




国宝「姫路城」碑です







内堀にかかる「桜門橋」を望む。2007年(平成19年)に復元されました。
 




「桜門橋」にて







「姫路城内堀」を望む 




「桜門橋」を渡る。その先が「大手門」です







姫路城、内堀と石垣です
   
 





 5.姫路城 ”大手門~三の丸” にて



大手門、内側からの眺めです。内堀が見えます




大手門を正面から望む






大手門を進む
 




大手門を内側より望む






姫路城、三の丸に有ります「世界遺産の碑」です 



三の丸より、「大天守・小天守」を望む。右側のクレーンは2009年10月から始まった大天守の保存修理工事用の物です
 
 6.姫路城 ”三の丸” にて
 



三の丸より、「大天守」、「小天守」を望む
 


三の丸にて







三の丸より、「西の丸」を望む



入城券売り場を望む




「大天守」を望む







「菱の門」付近にて
   
 






 7.姫路城 ”菱の門” にて
 




「菱の門」を望む。菱の門は、三の丸から二の丸へと通じる大手口を固める櫓門とのことです








「菱の門」を通過する。名前は上部にある冠木に菱の紋が打たれていることから名づけられたとのことです







「菱の門」より、「大天守」を望む。正面石垣の下に「三国堀」があります



「三国堀」から大天守を望む
 




姫路城の入城券です 姫路城、入城口方面を望む(三の丸にて) 姫路城、有料区間への入城口です 姫路城を望む




「三国堀」から大天守を望む







姫路城Mapです。姫路市HP(城の楽しみ方、見学ルート)よりコピーしました






 8.姫路城 ”いの門~ろの門” にて
 



姫路城天守へ、正面の門は「いの門」です
 




「いの門」を望む








「いの門」より、「ろの門」を望む







「ろの門」を望む



「二の丸」にて





姫路城、丸形の狭間(さま)から覗いたところです(「二の丸」にて)

姫路城、四角形の狭間(さま)から覗いたところです。手前は三国堀です。(「二の丸」にて)




「二の丸」にて






「二の丸」にて




二の丸にあります「扇の勾配」の案内板です







姫路城、「扇の勾配」を望む。(「二の丸」にて)




  お気に入り写真



三の丸に有ります「世界遺産の碑」より、「姫路城大天守」を望む 



三の丸から大天守を望む
v


「菱の門」より、「大天守・小天守」を望む



姫路城、「大天守」を望む





< Next 姫路城② >


   < 姫路城・原爆ドーム >  姫路城① ・ 姫路城② ・ 姫路城③(大天守) ・ 姫路城④(西の丸・他) ・ 姫路城⑤(ライトアップ) / 原爆ドーム ・ 平和記念公園 / 厳島神社1 ・ 厳島神社2 /  石見銀山(龍源寺間歩) / 石見銀山(大森町) / 
  
  

Topへ



  
  
  
    Home  Back
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止