Ver 8.1
  
 
 
  ( メキシコ共和国 )
  
  
    
[画像] メキシコ 世界文化遺産 メキシコシティ ”歴史地区(旧市街)” を散策する
  

メキシコシティ 世界遺産”銀の道”の出発点、サントドミンゴ広場にて  
  
  
  
 
 
  

  < メキシコシティ >  メトロポリタン大聖堂  テンプロ・マヨール  旧市街  メキシコ大学  
< Next メキシコ大学




 
世界文化遺産登録 ”メキシコシティ歴史地区とソチミルコ”

( 世界遺産  1987年  月登録 )

 
 「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ」は、人口2000万を数えるアメリカ大陸最大の都市メキシコシティーにある行政区の一つであるソチミルコと、メキシコシティーの地下に眠る古代文明の遺跡から構成される世界遺産です。

 南アメリカにはかつてアステカ帝国が栄えていましたが、16世紀にこの地を征服したスペイン人によりその文化、建築物は全て破壊されてしまいました。ところが、1978年になって中南米最大の大聖堂の地下から偶然アステカ帝国時代に作られた石積みが見つかり、メキシコシティーはアステカ帝国の遺構の上に建設された都市であることが分かったのです。

 その後の発掘ではアステカ文明の大神殿が姿を現し、失われたアステカ帝国の文化が地上に復活することとなりました。謎多きアステカ帝国の首都テノチティトランはテスココ湖内の島の上に建設されたのですが、メキシコシティーの南に位置するソチミルコはその湖の一部であり、今も残るアステカ時代の農業の名残が、アステカ帝国繁栄の当時を偲ばせます。

<構成遺跡>
    メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂
    テンプロ・マヨール
   △国立宮殿
   △べリヤス・アルテス宮殿(国立芸術院)
    ソチミルコ

<メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂>
 メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂は、アメリカ大陸の中で最大のキリスト教建造物。メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂は、16世紀アステカ帝国を滅亡に追い込んだスペインのエルナン・コルテスの命によって建てられた巨大建造物です。

<テンプロ・マヨール>
 テンプロ・マヨールは、かつてこの地にあったアステカ帝国の首都テノチティトランの大神殿跡です。1978年、メキシコシティ中心部にあるカテドラル(大聖堂)北東部で行われていた電気工事中に、直径3.25mの一枚岩の円盤が発見されました。円盤の発見は、かつて、ここにアステカ帝国の大神殿テンプロ・マヨールがあったことを示す世紀の大発見でした。

<国立宮殿>
 国立宮殿は、アステカ帝国を征服したスペインのエルナン・コルテスが自身の宮殿として建設したものです。国立宮殿の最大の見どころは、宮殿の正面階段周辺を覆い尽くす壁画です。「メキシコの歴史」と題された壁画は、現代メキシコ芸術の巨匠ディエゴ・リベラの最高傑作と称されています。

<ベジャス・アルテス宮殿(国立芸術院)>
 ベジャス・アルテス宮殿(国立芸術院)は、メトロポリタン大聖堂と並び壮麗な建造物の筆頭に挙げられるほど美しい建造物です。建物外観は、アールヌーボー様式、内装は、アール・デコ様式に統一されており、幾何学的なデザインが目を引きます。建物内部には、メキシコ芸術界の巨匠と呼ばれるリベラ、オロスコ、シケイロスなどの壁画が数多く残されています。

<ソチミルコ>
 ソチミルコとは、アステカの言葉であるナワトル語で「花畑のあるところ」を意味し、かつてメキシコシティが水上都市だった時代の名残が残る場所です。ソチミルコは、アステカ時代の風景が残る「アステカの生きた遺跡」と呼ばれ、当時を偲ばせる場所として世界遺産に登録されました。


   △世界文化遺産登録 ”カミーノ・レアル・デ・ティエラアデントロ(銀の道)”

           ( 世界遺産  2010年  月登録 )


 メキシコの世界遺産・エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロは、アメリカ・ニューメキシコ州のサン・ファン・プエブロからメキシコの首都であるメキシコシティまで続く約2,560キロメートルの道路です。メキシコ領内のみ世界遺産になっています。
 1598年から1882年までの間、陸上交易の通路として使用されてきました。アメリカ内の延長距離は646キロメートルで、ナショナル・ヒストリック・トレイルに指定されています。

 この道路が最盛期を迎えた16世紀はコロンブスが新大陸を発見し、「大航海時代」が始まりを告げた時代です。メキシコはスペインの植民地となり、そこから産出される「銀」が、スペイン繁栄の礎を作ることになり、エル・カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロは、それを届けた重要な道路でした。


            (世界遺産オンラインガイド HPより)


                              〇印は、一部の写真を掲載をしています
 
     
 
 





 1.メキシコ 世界文化遺産 銀の道出発点”サントドミンゴ広場” を訪れる
 
     
 メキシコシティ歴史地区
(めきしこしていれきしちく)
 世界文化遺産
 「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ」1987年登録
 メキシコ メキシコシティ
 (撮影 2018.11.29-12.01)
 メキシコシティはメキシコの首都で、ラテンアメリカを代表する大都市の1つです。その建設は1521年、スペイン人コルテスの軍の侵攻に由来します。コルテスはこの地にあったアステカ帝国の都、ティノチティトランを征服、破壊すると、ゴシック、ルネサンス、バロックなど多様な建築様式が混ざった大聖堂、宮殿などを中心部のソカロ広場の周辺に建設し、巨大な都市を造り上げました。
 広場がある場所はかつて多くのピラミッド神殿が立っていた場所で、大聖堂の地下にはアステカ帝国の遺構である石積みの部分などが残され、激動の歴史を物語っています。アステカの都は1978年、工事中に偶然発見されたものだというのも面白いエピソードとなっています。大神殿(テンプロマヨール)が見つかり、今も発掘調査が続けられています。
                       (JTB HPより)


(Size : 7,364KB) メキシコシティにて メキシコシティ、サントドミンゴ広場を望む




 2. メキシコシティ ”サントドミンゴ広場” にて
【 銀の道(カミーノ・レアル・デ・ティエラアデントロ)について 】

 「カミーノ・レアル・デ・ティエラアデントロ」とは、「大地にある王の道」という意味です。メキシコ・シティからアメリカのテキサス、ニューメキシコへと延びる長さ2600qの道で、うち1400qに55の遺跡と、すでに登録されている5つの世界遺産(メキシコ・シティ歴史地区、ケレタロの歴史史跡地区、サンミゲルの要塞都市とヘスス・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地、古都グアナフアトとその銀鉱群、サカテカス歴史地区)が点在しています。

 16世紀半ばから19世紀までの約300年間、この道は主にサカテカス、グアナフアト、サンルイスポトシの鉱山で採掘した銀やヨーロッパから輸入した水銀を輸送する交易路として利用されていたことから「銀の道」という別名も持っています。また、銀と物資だけでなく、スペイン人とアメリカ先住民との間に社会的、文化的、宗教的交流を育んだ点も評価され、2010年に世界文化遺産に登録されています。

 銀の道の出発点がメキシコシティ、サントドミンゴ広場となっています。
                                  
(JTB HPより)


 


メキシコシティ サントドミンゴ教会を望む


サントドミンゴ教会を望む サントドミンゴ教会を望む


サントドミンゴ広場にて サントドミンゴ広場にて



google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)


メキシコシティ サントドミンゴ広場にて




メキシコシティ サント・ドミンゴ広場を望む
【 後  記 】  

 メキシコシティ歴史地区、サントドミンゴ広場は、銀の道(カミーノ・レアル・デ・ティエラアデントロ)の出発点として興味がありました。サントドミンゴ教会の左側壁面には、「カミノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ」(ティエラ・アデントロの王の道)の世界遺産登録の案内板があるとのことでしたが、残念ながら時間の都合で、サントドミンゴ教会まではいけませんでした。


 歴史地区の散策は名前の通り、歴史、時代を感じさせる石造りの建物が並ぶ街中の散策です。歩道の真ん中に透明なパネルで覆われた、地中に埋もれていた遺跡を見ることができたりと楽しい散策を楽しむことができました。

                           
(2019.3.30)




 @お気に入り写真  (テンプロ・マヨールにて)




サントドミンゴ広場〜ソカロ広場にて





サントドミンゴ広場〜ソカロ広場にて。地中に埋もれていた遺跡を見ることができます



サントドミンゴ広場〜ソカロ広場にて、道路案内板です



サントドミンゴ広場〜ソカロ広場にて




 Aお気に入り写真  (サントドミンゴ広場〜ソカロ広場にて)



サントドミンゴ広場〜ソカロ広場にて



サントドミンゴ広場〜ソカロ広場にて



サントドミンゴ広場にて、トウモロコシの屋台がありました




サントドミンゴ広場近くにて







サントドミンゴ広場にて、ポップコーンを買い求めいただきました。美味しかったです





サントドミンゴ広場にて




サントドミンゴ広場にて





サントドミンゴ広場〜ソカロ広場にて




 Bお気に入り写真 (ベジャス・アルテス宮殿)



ベジャス・アルテス宮殿を望む




ベジャス・アルテス宮殿を望む





ベジャス・アルテス宮殿を望む



ベジャス・アルテス宮殿を望む
テンプロ・マヨールにて テンプロ・マヨールにて メトロポリタン大聖堂にて メトロポリタン大聖堂、聖堂内を望む
   
   




 Cお気に入り写真 (三文化広場)



メキシコシティ、三文化広場を望む




メキシコシティ、三文化広場を望む





メキシコシティ、三文化広場を望む




メキシコシティ、三文化広場を望む





メキシコシティにて




メキシコシティにて





メキシコシティにて




メキシコシティにて






メキシコシティにて





メキシコシティにて




 Dお気に入り写真  (中央広場ソカロにて)



中央広場ソカロにて




中央広場ソカロ、メトロポリタン大聖堂前にて





中央広場ソカロにて



中央広場ソカロにて、国立宮殿を望む





メキシコシティ 中央広場ソカロにて、左側が国立宮殿、右側がメトロポリタン大聖堂になります



< Next メキシコ大学
  < メキシコシティ >  メトロポリタン大聖堂  テンプロ・マヨール  旧市街  メキシコ大学  


  
  
  
    Home  Back
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止