Ver 8.1
  
 
 
  ( メキシコ共和国 )
  
  
    
[画像] メキシコ 世界文化遺産 古代都市テオティワカン ”太陽のピラミッド” を訪れる
  

テオティワカン 太陽のピラミッドを望む  
  
  
  
 
 
  

  < テオティワカン >  月のピラミッド  太陽のピラミッド  死者の大通り・他  
< Next 死者の大通り・他




 
世界文化遺産登録 ”古代都市テオティワカン”

( 世界遺産  1987年  月登録 )

 
  古代都市テオティワカンはメキシコシティ北東約50キロに位置していている世界遺産です。ここには、メソアメリカ先住民が建造した、世界で3番目に大きいピラミッドといわれる太陽のピラミッドや月のピラミッド、ケツアルコアトル神殿などの、巨大な宗教的建造物から構成されています。

 テオティワカン文明の中心となったこの巨大な都市テオティワカンは、紀元前2世紀から6世紀までの間だけ存在した、当時のアメリカ大陸では最大規模を誇った宗教都市です。突然文明が滅びて放棄されていたこの都市を14世紀に発見したアステカの人々は、あまりのスケールの大きさに人の手による建造物だとは信じられず、「神が集う場所」という意味を持つテオティワカンという名をつけました。

 テオティワカンは極めて計画的に設計された都市であり、遺跡からは多数の殉教者や生け贄を捧げる風習が存在した痕跡が発見されています。古代メソアメリカにおいて死ぬことは終わりではなく、常に生と死がつながりあって回転しているという古代人の祈りや宇宙観、宗教観を、現代に圧倒的な美しさで伝えています。

主な遺跡
  ●1.太陽のピラミッド(高さ65m、底辺222m×225m)
  〇2.月のピラミッド(高さ47m、底辺140m×150m)
  〇3.死者の大通り(南北に貫く都市のメインストリート 長さ4km、幅45m)
   4.ケツァルコアトルの神殿
  △5.ケツァルパパロトルの宮殿カスティーヨ



  

                   (世界遺産オンラインガイド HPより)


                                  ●印は、写真の掲載をしています
 
     
 
 





 1.メキシコ 世界文化遺産 テオティワカン ”太陽のピラミッドの” を散策する
 
     
 テオティワカン
太陽のピラミッド
 (ておてぃわかん たいようのぴらみっど)
 世界文化遺産
 「古代都市テオティワカン」1987年登録
 メキシコ メヒコ州
 (撮影 2018.12.01)
 世界遺産「テオティワカン」遺跡はメキシコの首都メキシコシティの北東約50km、広さ20kuという広大な古代遺跡です。1987年に世界文化遺産に登録されました。紀元前2世紀から6世紀まで存在したテオティワカンには、当時10万から20万人もの人々が住んでいたとのことです。この古代遺跡の中で「太陽のピラミッド」はテオティワカンで一番大きなピラミッドです。底辺の長さ225m、高さ65m、頂上までの階段数は238段という規模となっています。
 世界で3番目の大きさを誇るピラミッドで、頂上からは360度のパノラマで世界遺産テオティワカン遺跡の全景とテオティワカン村周辺ののどかな緑の景観が見られます。    (ウィキペディアより)


(Size : 12,134KB) テオティワカン、”死者の大通り”、”太陽のピラミッド”を望む テオティワカン、”太陽のピラミッド”を望む




 2.テオティワカン ”太陽のピラミッド” にて
【 太陽のピラミッドの建設ついて 】  

 太陽のピラミッドは、西暦1年から150年頃に造り始められたと考えられています。建設は、二段階で行われ、第一段階は100年ごろに現在と近い大きさにまで建造されました。第二段階で現在と同じ225m四方、高さ75mの形状となったとのことです。
 太陽のピラミッドは世界で三番目に大きなピラミッドです。高さは146mあるギザの大ピラミッドの約半分ほどとなっています。かつて頂上にあった祭壇も第二段階の建設時作られたと考えられていますが、残念ながら現存していません。
 テオティワカンの社会ではこのピラミッドがなんらかの神を崇めるためのものと考えられているものの、この仮説を支持する証拠はほとんど残っていません。ピラミッド頂上にあった祭壇が、考古学的な調査が行われるより前に故意や自然の風化により破壊されたため、ピラミッドで崇拝されていた神については明らかになっていません。

 なお、太陽のピラミッドは「登れるピラミッド」としては世界一の高さを誇るピラミッドです。
                           
(ウィキペディアより)


 




テオティワカン 太陽のピラミッドを真下正面より望む




テオティワカン 太陽のピラミッドを望む。ピラミッドのふもとには遺跡が並べられています


太陽のピラミッドのふもとにある遺跡です 太陽のピラミッドのふもとにある遺跡です


太陽のピラミッドのふもとにある遺跡です 太陽のピラミッドのふもとにある遺跡です
google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示) google地図より(■カーソルセットで写真表示)
 
【 後  記 】  

 月のピラミッドより、太陽のピラミッドを眺めたときにテオティワカン遺跡の雄大さとピラミッドの美しさに目を奪われました。そして正面から眺める太陽のピラミッドの頂上に続く石段とバランスのとれた配置は見事なまでの美しさでした。感動させられました。
 また頂上からは360度の大パノラマが楽しめたことは、旅の大きな思い出となりました。

 現在になってもピラミッドの建造の目的が解明されていないとのことです。世界一高い登れるピラミッドとのことですが、石段もきっちり造られ誰でもが安全に頂上に登れる造りになっています。ピラミッド造りの技術の高さには驚かされました。

                           
(2019.5.29)





 @お気に入り写真  (太陽のピラミッドにて)




テオティワカン 太陽のピラミッドを望む。手前(柵の向こう側)には遺跡が並べられています





テオティワカン 太陽のピラミッド、頂上部を望む




テオティワカン 太陽のピラミッドの長い石段です。頂上までの様子が良くわかります。石段は238段あります






テオティワカン 太陽のピラミッド、上部左側のアップです





テオティワカン 太陽のピラミッド、上部右側のアップです



テオティワカン 太陽のピラミッド、石段を望む




 Aお気に入り写真  (太陽のピラミッドに登る)



テオティワカン 太陽のピラミッドを登る




テオティワカン 太陽のピラミッドを登る





太陽のピラミッドを登る。ピラミッドの石積みの状況が良くわかります



太陽のピラミッドを登る




太陽のピラミッドを登る。この石段の上が頂上になります





テオティワカン 太陽のピラミッド、眼下を望む




 Bお気に入り写真 (太陽のピラミッドに登る)




テオティワカン 太陽のピラミッド、頂上を望む






太陽のピラミッド頂上にて





太陽のピラミッド、頂上からの眺めです




太陽のピラミッド前の広場を望む






太陽のピラミッド、頂上にて






太陽のピラミッド、頂上にて。暑いせいか犬さんがダルそうに寝ていました





太陽のピラミッドから月のピラミッドを望む。絶好の撮影ポイントです




太陽のピラミッド、頂上よりお土産屋さんを望む






太陽のピラミッド、頂上からの景色です






太陽のピラミッド、頂上にて





テオティワカン 死者の大通りより、太陽のピラミッド頂上のズームアップです

太陽のピラミッド頂上にて 太陽のピラミッド頂上にて 太陽のピラミッド頂上にて 太陽のピラミッド頂上にて
   
   




 Cお気に入り写真 (太陽のピラミッド頂上にて)




太陽のピラミッド頂上より、月のピラミッドを望む






太陽のピラミッド頂上にて





太陽のピラミッドにて




太陽のピラミッドにて






太陽のピラミッドからの眺めです





太陽のピラミッドにて



太陽のピラミッドにて、右側が登り、左側が下りになっています



太陽のピラミッドにて



テオティワカン 太陽のピラミッドにて、ピラミッドの傾斜が良くわかります




 Dお気に入り写真



太陽のピラミッドにて




太陽のピラミッドにて





太陽のピラミッドにて、ピラミッドの表面です
(月のピラミッドより、太陽のピラミッドを望む)




テオティワカン 月のピラミッドより、太陽のピラミッドを望む





テオティワカン 月のピラミッドより、太陽のピラミッドを望む



太陽のピラミッドのふもとでは、黒曜石で造られたアクセサリーが売られていました



テオティワカン 太陽のピラミッドを正面から望む



< Next 死者の大通り・他
  < テオティワカン >  月のピラミッド  太陽のピラミッド  死者の大通り・他  


  
  
  
    Home  Back
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止