Ver 10.0
  
 
 
  ( ス イ ス )
  
  
 
[画像] スイス マイエンフェルト ハイジ村オリジナル ”ハイジの家(Heidihaus)” を訪れる
  


ハイジ村ハイジの家(Heidihaus)を望む  
  
  
  
 
 
  

 < グリンデルワルト >   マイエンフェルト(ハイジの村)  ハイジ村(ハイジの家)  ハーダークルム展望台  グリンデルワルト(アイガー)  シュタウプバッハの滝    

< Next ハーダークルム展望台 >




      
 1.スイス マイエンフェルト ハイジ村 ”ハイジの家” を訪れる
 
     
     
   
 ハイジ村 ハイジの家
 (はいじむら はいじのいえ)
 スイス観光地
 スイス グラウビュンデン州 マイエンフェルト
 (撮影 2019.07.29)
  『アルプスの少女ハイジ』(アルプスのしょうじょハイジ、Heidi)は、スイスの作家ヨハンナ・シュピリの児童文学作品です。1880年から1881年に執筆されました。原題は『Heidis Lehr- und Wanderjahre』(ハイジの修行時代と遍歴時代、1880年出版)及び『Heidi kann brauchen, was es gelernt hat』(ハイジは習ったことを使うことができる、1881年出版)となっています。

 ドイツの文豪ゲーテの小説から着想を採られ、教養小説(成長小説)としての色彩を持った小説です。キリスト教信仰に基づく描写が多く見られるのが特徴となっています。スイスのデルフリ村(マイエンフェルト付近の架空の村。イェニンス村がモデル)が舞台となっています。

     (ウィキペディアより)
  
(Size : 13,150KB) 「ハイジの村(Heididorf)」入口にありますハイジと仲間の像ですi ハイジのの部屋を望む。ハイジの家(Heidihaus)にて





 2.スイス マイエンフェルト ”ハイジの村オリジナル” にて
 




「ハイジの村(Heididorf)」の牧場風景です





「ハイジの村(Heididorf)」にて。ハイジの顔が漫画と違いすぎるのも愛嬌です
 
 


「ハイジの村(Heididorf)」オリジナルの看板です。ハイジの像の横にありました ホテル&レストラン「ハイジ・ホフ(Heidihof)」の広場より駐車場方面を望む
< ハイジ村オリジナルについて >  ー ハイジ村マイエンフェルトオリジナル パンプレットより -

 
 ハイジ村は、19世紀末スイスの山あいの世界への、心に残る時間の旅です。ハイジの家の前では、もうハイジとペーターが飼っている動物たちが、訪問者を出迎えています。希望により行われるガイドツアーでは、独自(オリジナル)なハイジの世界をそのまま紹介しています。地下貯蔵室から田舎風情の居間へ上がると、ハイジとヤギ飼いペーターがみなさまをお待ちしています。勿論ハイジの部屋へも入れます。部屋は質素ですが心を込めて、正に当時と同じように、整えてあります。様々な言語で書かれたハイジ本のコレクションもまた、非常に興味深いです。
             





駐車場より、ホテル&レストラン「ハイジ・ホフ(Heidihof)」を望む




ホテル&レストラン「ハイジ・ホフ(Heidihof)」には、ハイジお馴染みのマンガが飾られていました
「ハイジの村(Heididorf)」にて ハイジの家(Heidihaus)を望む ハイジの洋服が飾られていました
(ハイジの家にて)
「ハイジの村(Heididorf)」の景色です

google地図より google地図より(■カーソルセットで写真表示) google!地図より(■カーソルセットで写真表示)
   
  (後 記)  
       
   ハイジについては、小学生時代少年少女向けの文字の大きい本で読んだ記憶があります。内容については、本で読んだ内容なのかテレビマンガで見た内容なのか記憶は定かでありませんが多少の記憶はありました。しかし最近は「アルプスの少女ハイジ」のテレビCMのイメージが強く残ってしまっています。

 ハイジは実在の人物ではありませんので、ハイジの家は当然再現の家となっています。ただ当時の住宅事情、暮らしぶりが良くわかるように丁寧に再現されていると思いました。勉強になりました。

 この広大な牧場の中で冬はどんな生活だったのだろうか、雪国育ちの自分は雪との格闘生活(?)を考えながらハイジ村を散策しました。

                        
(2019.9.4)

 
     




「ハイジの村(Heididorf)」にて。空気の綺麗さと牧場ののんびりさが伝わってきます






「ハイジの村(Heididorf)」の風景です
 





 3.ハイジ村 ”ハイジの家(Heidihaus)”へ

ホテル&レストラン「Heidihof(ハイジ・ホフ)」より、ハイジの家(Heidihaus)を目指す



ホテル&レストラン「Heidihof(ハイジ・ホフ)」よりハイジの家(Heidihaus)の途中に有ります案内板です。日本語「ようこそ オリジナルのハイジの家」もあります
ハイジ村、ハイジの家(博物館)の近くの建物です 美しい花の窓とロゴぽいデザインのアップです
   




ハイジ村、ハイジの家の近くに建っている建物です。壁には「RATHAUS DER FREIEN WALSER」(無料 ウォーサーの町?) と書かれています






ハイジ村の通りの様子です。右側に「ハイジの家」の入場券売り場のキオスクがありました
 
 4.ハイジ村 ”ハイジの家(Heidihaus)” にて
 



ハイジの家(Heidihaus)を望む。ほとんどが日本人観光客でした
 



ハイジの家(Heidihaus)入口の様子です



ハイジの家(Heidihaus)にて。昔の写真の表札を見ると「MUSEUM HEIDIHAUS」となっていましたが名称が変わったようです
   
 





 5.ハイジ村 ”ハイジの家(Heidihaus)” を訪問(1)




入場券のチェックをして入場です。IT化が進んでいます






入場するとすぐに石の階段があり、上りとなります




木造の床、内部の様子です





ハイジの家、窓からの風景です







食堂の様子です。夜ランプの明るさは、どの位であったのであろうか気になりました
 
ハイジの家にて ハイジの家の出口です
ハイジとペーターが本を読んでいるところです。撮影スポットになっていました 左側のオーブンにパンが入っています。これでパンを焼いていたのでしょうか



日差しが差し込み明るい、ハイジの部屋です
 
 6.ハイジ村 ”ハイジの家(Heidihaus)” を訪問(2)
 




世界中の色々な言語に訳されているハイジの本が集められているとのことです






左側の洋服は、ハイジの(部屋の)洋服です。正面は部屋の出入口の様子です
 



ハイジとペーター(の人形)と一緒に、可愛い妹みたいですね




階段の様子です






下側で薪を焚き、オーブンでのパン焼きはこのようになっていました。右側のデーブルは小麦粉打ちか?




台所の様子です。当時の生活がしのばれます






ハイジの家の出口からの風景です、出口の先にある水飲み場です。この水飲み場はアニメにも出てくるそうです
   
 






 7.ハイジ村 ”ハイジ・ホフ(Heidihof)ホテル” にて
 




「Heidihof(ハイジ・ホフ)」ホテル&レストランの入口です。マンガがとてもかわいい






「Heidihof(ハイジ・ホフ)」レストランにて昼食をいただきました
 


Heidihof(ハイジ・ホフ)、入口に左側にあるハイジの絵です。明るく可愛い絵です 「ハイジ・ホフ(Heidihof)」入口右側にあるペーターの絵です
Heidihof(ハイジ・ホフ)にて Heidihof(ハイジ・ホフ)、
レストランの様子です
濃厚で美味しかったトマトスープです 昼食のスパゲッティです。お代わりがありました




「ハイジ・ホフ(Heidihof)」、レストラン入口には色々なシーンの写真が飾られていました







「ハイジ・ホフ(Heidihof)」前の広場にある、案内板です






「Heidihof(ハイジ・ホフ)」という有名なホテル&レストランを望む


  お気に入り写真



ハイジの村にて、7月の季節お花が一面に咲いていました




ハイジの村にて、養蜂場です






ハイジの村にて、元気な鶏です




ハイジの村にて、「ハイジの家」から「ハイジ・ホフ(Heidihof)」へ向かう途中です。右上が「ハイジ・ホフ(Heidihof)」になります






「ハイジ・ホフ(Heidihof)」前の広場より、駐車場方面の風景です。お花が満開です




ハイジの家(Heidihaus)の入場券です






ハイジの村の現地の案内板版です




ハイジの村からの眺望です。本当に空気のおいしさを感じさせる風景です






マイエンフェルトの風景です。ハイジ村どの辺にあるのかまでは確認できませんでした





< Next ハーダークルム展望台 >

 < グリンデルワルト >   マイエンフェルト(ハイジの村)  ハイジ村(ハイジの家)  ハーダークルム展望台  グリンデルワルト(アイガー)  シュタウプバッハの滝    

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止