Ver 10.0
  
 
 
  ( ス イ ス )
  
  
 
[画像]  スイス サンモリッツ ”ピッツ・ネイル展望台” を訪れる
  


サンモリッツからピッツ・ネイル山頂(展望台)を望む  
  
  
  
 
 
  


 < サースフェー一覧 >   サースフェー  フルカ峠  氷河特急  モルテラッチ氷河  ベルニナ線(世界遺産)  ディアポレッツァ展望台  ピッツ・ネイル展望台 

< Next フルカ峠 >




      
 1.スイス サンモリッツ ”ピッツ・ネイル展望台” に登る
 
     
     
   
 ピッツ・ネイル展望台
 (ぴっつ・ねいるてんぼうだい)
 スイス観光地
 スイス東部グラウビュンデン州
 (撮影 2019.07.28-29)
 ピッツ・ネイル(Piz Nair)はスイス東南部、エンガディン地方、サンモリッツ付近にある標高3056mの山です。「ピッツ・ネイル」とはロマンシュ語で「黒い峰」を意味し、サンモリッツのハウスマウンテンと呼ばれています。
 麓のサンモリッツからケーブルカーとロープウェイを乗り継いで山頂駅まで上がることができます。山頂からベルニナアルプスの景観が広がり、天候の良い日はモンテローザやマッターホルンを望むこともできます。山頂駅付近にはアルプスに生息する野生の山羊、シュタインボックの彫像が立っています。

 途中駅のチャンタレッラとコルヴィリアは、各方面に向かうハイキングコースの出発点となっています。また冬季はコルヴィリアと合わせてサン・モリッツ周辺の主要スキーエリアとなっています。

     (ウィキペディアより)
  
(Size : 13,256KB) サンモリッツよりピッツ・ネイルを望む ピッツ・ネイル山頂駅を望む





 2.サンモリッツからピッツ・ネイルへ
 




ピッツ・ネイル山頂駅(展望台)を望む





ピッツ・ネイル山頂を望む
 
 


ロープウェイから眼下の景色を楽しむ ロープウェイより、サンモリッツを望む
< ピッツ・ネイルについて > 

 ピッツ・ネイルはスイス東部、同国有数の観光・保養地であるサンモリッツ(St. Moritz、ザンクトモリッツ)を代表する山の一つ、ピッツネイルの標高3057m地点にある展望台です。サンモリッツからはチャンタレッラ、コルヴィリアまではケーブルカー、そこからロープウェイに乗り継いで行きます。この一帯は、同地方で最も規模の大きなスキー場として知られています。パノラマレストランのある展望台からは、スヴレッタの谷やピッツユリア、そして眼下にオーバーエンガディンの谷と湖を一望する絶景が広がります。      
(コトバンクより)             



ガスもやの中を走るピッツ・ネイルのロープウェイです




ロープウェイとのすれ違いです ケーブルカーから見えた、のんびり牛さん達です ピッツ・ネイル山頂駅にて ケーブルカーから見えたマーモットです
       

google地図より google地図より(■カーソルセットで写真表示) google!地図より(■カーソルセットで写真表示)
   
  (後 記)  
       
   ピッツ・ネイル展望台のあるサンモリッツはスイスでも有数のリゾート地・観光地とのことです。山々に囲まれた湖、山麓に立ち並ぶ街並み、このため坂の多い所でした。標高はサンモリッツ駅で1846mとのこと、相当高い所にある街です。

 サンモリッツ駅から坂道を上り、街中にあるビルに入っていくとそこがピッツネイル行のケーブルカー駅でした。広い敷地の中に駅がある感じでなく、山の斜面に駅が張り付いている感じでした。乗り場からは急斜面に敷設されたレールが伸びていました。
 サンモリッツからピッツ・ネイル展望台(山頂)までは、ケーブルカーでコルヴィリアまで行き、ここでロープウェイに乗り換えて展望台を目指します。

 コルヴィリアまでのケーブルカーからは牧草地(?)、冬はゲレンデとなる広大な草原が広がっていました。その中でマーモットがチョロチョロと動き回っていました。野生のマーモットを初めて目にしました。
 コルヴィリアでロープウェイに乗り換えです、太めのタイヤを履いた一台の自転車が山の斜面を登って行きました。登山道と思っていた道は自転車道にもなっているのには驚きでした。
 ロープウェイはどんどん高度を稼ぎ標高3056mピッツネイル山頂駅に到着です。風雨の山頂でした。雨具をを取り出し着替えて山頂への散策開始です。周りは赤茶けた岩とガレ場でした。名物のシュタインボック(野生ヤギ)の銅像の前で記念写真をとり、鉄塔のある山頂を目指します。登山道の周りには沢山の高山植物が咲いていました。途中あまりにも風が強いため、山頂はあきらめて山頂駅(展望台)に引き返しました。晴れていればベルニナアルプス、マッターホルンまで見ることができる場所とのことでしたが、残念な結果でした。それでも風雨のなか少しながら山頂を歩き回れたことで満足とします。

 翌朝、朝の早い時間、サンモリッツからピッツ・ネイルの山頂がクッキリと見えました。アァ~良かった。

                        
(2019.10.02)

 
     



ケーブルカーより、サンモリッツの街並みを望む
 





 3.”サンモリッツ~コルヴィリア”にて


サンモリッツからケーブルカーに乗る




ケーブルカーが登るにつれ、眼下にはサンモリッツの街が段々と広がってきます








途中すれ違ったケーブルカーです







ケーブルカー車内の様子です







ケーブルカーから見えた鹿の親子?夫婦?です















ケーブルカーから見えたマーモットです






ケーブカー終点のコルヴィリアにて(案内板には、途中停車駅チャンタレッラト・終点サンモリッツの方面の案内がでています)
   



ケーブルカー終点駅、コルヴィリアを望む。ここでロープウェイに乗り換えです
 、
 4.コルヴィリアにて (コルヴィリア~ピッツ・ネイルのロープウェイにて)
 




コルヴィリアにて、ピッツ・ネイル行のロープウェイ駅を望む。ここは標高2486mです







コルヴィリアにて、あいにくの天気のためアルプスの山々見えませんでした






ケーブルカー車内の様子です(コルヴィリア~ピッツ・ネイルにて)
 




コルヴィリアにて、ロープウェイの絵とコルヴィリアーピッツ・ネイルの案内がみえます







コルヴィリアからの景色です







コルヴィリア~ピッツ・ネイル行のロープウェイからの眺めです






一台の自転車がピッツ・ネイルを目指し登っていました




コルヴィリアにて、ピッツ・ネイルを目指す自転車です。山岳用なのか相当ワイドなタイヤを履いていました






ピッツ・ネイルを目指す。ピッツ・ネイルは正面の山の向こう側にあります
   
 





 5.風雨の中の”ピッツ・ネイル展望台”にて




ピッツ・ネイル山頂駅を望む。左側にシンボルのシュタインボック(steinbock 野生ヤギ)の銅像が見えます






シュタインボック( 野生ヤギ)の銅像を望む




標高3057m、ピッツ・ネイル山頂駅にて。







ロープウェイより、ピッツ・ネイル山頂駅を望む。山頂駅を後にする






ピッツ・ネイル展望台の道案内版です。標高3056mに自転車の案内が出ているのにはビックリさせられました
 




ピッツ・ネイル展望台からの眺めです






現地案内板より、左上の一番高い所がピッツ・ネイル展望台になります。サンモリッツからの黒い線に従って山頂まで行きました
 
 6. ”ピッツネイル展望台”にて (1)
 




山頂駅の近くの岩場には高山植物が咲いていました






高山植物のアップです
 



7月28日、真夏の温度計は4度でした。風が吹くと震えあがりました




山頂駅付近にて






山頂駅より、山頂方面へ5分位の所で見つけた高山植物です
   
 






 7. ”ピッツネイル展望台” 山頂付近の高山植物
 




山頂駅~山頂の間で見つけました







高山植物は雨でしっとり練れていました






お花をアップにしてみました




時期が若干遅かったみたいです




















高山植物です
 




サンモリッツからピッツ・ネイルまでの乗車券です すれちがうケーブルカーです ロープウェイの操作盤です サンモリッツからピッツ・ネイルまでの乗車券です




岩場に群生していました






岩場に咲いていました高山植物です






 8. ”ピッツネイル展望台” にて(2)
 




ピッツ・ネイル山頂を望む。強風と雨のためここで引き返しました。山頂は残念!







山頂へ続く散策道に咲く高山植物です
 




頂上駅からの眺めです






頂上駅より、サンモリッツ方面を望む




  お気に入り写真



ゲレンデはお花畑になっていました。ケーブルカーからの眺めです



マーモットが遊んでいました




山頂駅~山頂の間で見つけた高山植物です






山頂駅~山頂の間の遊歩道わきで見付けました




ロープウェイより広大なゲレンデを望む






標高3057m、ピッツ・ネイル山頂駅を望む





< Next フルカ峠 >

 < サースフェー一覧 >   サースフェー  フルカ峠  氷河特急  モルテラッチ氷河  ベルニナ線(世界遺産)  ディアポレッツァ展望台  ピッツネイル展望台 

  
  
  
    Home  Back
  
Copyright (c) e-aruki All Right Reserved by Xinku Yingxing 無断転載禁止